不安

春は気持ちが揺れる季節ですね。そんなときどうするか?です

 

初夏間近の春ですね。

 

季節の変わり目、気圧の影響もあり、春は精神的にも不安定な方がふえます。

このひと月、いい方向にもそうではない方向にも大揺れの会員さんがたくさんいました。

 

揺れることが悪い事ではない!

揺れることで必ず何かを掴んでいるな~とわたしは感じています。

何か起こる度に人はいろんなことを考えますからね。

 

ここで大事なことは、

自分と向き合うことです。

それが、ちょっと大変💦の人と、かなり大変💦💦💦な人といます。

だけど、相手の人がどうこうということだけに集中し過ぎず、自分はどうなのかな?の

視点は必ず持ち続けることです。

きっとなにかに気づくことができるから。

 

人のせいばかりにしないようにね。

誰かだけのせいにすることは、その一時は楽かもしれないけど。。。

 

そんなときも私は会員の話を聞きながら、そばにいます!併走します!

 

ひとりだと不安なものだから。

人間はそんなに強くないから。

 

今年は婚活アプリ経験者や他の結婚相談所から移籍してくる方の入会が多かったです

 

今年は、アプリ婚活をしてきました!

→つき合ってはいる。

→お泊りする関係

→優しくしてくれる

→だけど、結婚の話には一向にならない。

こんな女性や、

 

他の結婚相談所で活動しています!

→お見合いはした

→交際になることもある

→相談所の担当者のフォローが頼りなく交際相手との関係が進展しない

→相談所の担当者に不信感を抱く

→このままで本当に結婚できるのか?焦る。

こんな男女が

 

「渡辺佳代の結婚相談室」を探して、相談にいらしてくださいました。

 

その際、私はわたしができるサポートの内容を伝え、相談所を選ぶことも大事な選択ですし、その人自身が決めることなので、あとはその方の判断に委ねてることにしています。

 

ほぼ100%の方が入会をお決めになります。

 

さあ!気分を変えて、活動開始です。

会員さんは皆さん性格が違うので、その方その方に合わせて声掛けをしていきます。

 

この時、注意していることは、お利口な優等生タイプ!

自分の本音をなかなか言ってくれず、自己判断をしがち。

不安でも「不安!」って言わない。

なので、わたしが「不安だったりしない?」

「なんで、不安なのかな~?」

「○○ちゃんは、自分が思っている以上にしっかりしているし、自分の考えを持っている人だと思うよ。

自分が気づいていないだけよ」な~んてこともアドバイスしたりします。

 

これには、子育て経験がとても生きています。

自分の子供のみならず、我が家に出入りしてくれたお子さんやその親御さんともたくさんやり取りさせてきましたので。。

 

どの結婚相談所を選択するか!はとても大切なことです。

決めるのは、選ぶのは、あなたですよ。

 

誰がサポートしてくれるかは、スポーツをするときのコーチ選びにも似ています。

そばにいてくれ人の力は大!ですね。

 

今年もラスト半月ですね。

実りある時間にしてくださいね。

婚活!春の嵐吹き荒れていました。いい事あり!不穏あり!でした。

 

今日は、桜が満開ですね。

花冷えではありますが、穏やかな春の日です。

 

「渡辺佳代の結婚相談室」では、この約2週間、春の嵐が吹き荒れていました。

 

天候も確かに不安定で、一日のうちにも急激な気温の変化があったり、

強風吹き荒れる日が続いたりしましたよね。

人はそんなことにも、きっと左右される生き物だと思いますが、

まさかの展開が、あちらにも、こちらにも起こり、驚きました。

例年にはなかったことです。

人の心理にコロナの影響???

 

○「真剣交際」からまさに「結婚」というタイミングのカップルが、2組!女性の気持ちがグラグラしていることが発覚。

 

○また、逆に、「真剣交際」へ足踏みしていたカップルが、これまた2組!
気持ちも高まり喜んで「真剣交際へ」とうれしい方向に急展開したり。

 

〇今まで、ぽつぽつとしかお見合いが組めなかった男性が

モテ期を迎えたり。

 

わたしは、そのひとつひとつに丁寧に向き合いました。

 

この仕事が大好きなのと、いろんな経験もしてきましたので、

私の心の中は、妙に冷静でした。

 

結婚を目の前にして、女性の気持ちが揺れることは、よくあることです。

私自身も経験しました。

その気持ちを不安なまま我慢するより、吐き出した方が、その後の結婚生活にもいいことなので、とにかく私は受け止めます。

「どんなことが不安になったの?」

「どんな気持ち?めちゃくちゃな内容でもいいのよ。

わたしに言える?」

「前に進めないくらいなら、彼に気持ちを伝えてみようか?

今、彼がいなくなってもいいと思える?」

 

なんてやり取りをします。

 

 

これが、結婚相談所のカウンセラーがいる意味なんですよね。

 

女性の気持ちが揺れた一組については、相手カウンセラーさんと絶妙な連携をとることもできました。

何事もなく、ゴールインするより、今回の嵐は今吹いてよかったよね!と良かったことにすることができました。

 

今も昔も、女性にとって「結婚とは」大きく人生が変わる出来事ですし、

現代は女性の生き方の選択肢も増え、ますます、決めることに躊躇していまうのでしょうね。

 

結婚!って勇気がいりますよね。

 

その人と結婚したことが正解だったかどうか?は

短期間でわかることではないですよ。

この人といて、楽しいな!安心だな!なんて時間があるとしたら、

その時間を信じてみたらいいと思います。

そして、長い時間をかけて、この人と一緒でよかったなと思えるようにしていけばいいのです。

 

焦らず、歩いてみてください。

 

わたしも結婚して30年!

いまだに主人について発見があります。

相手のみならず自分も変わっていきますからね。

 

そんないろんなアドバイスをしながら、ご成婚主義で「渡辺佳代の結婚相談室」は動いています。

会員さんそれぞれへのカスタマイズです。

 

婚活がうまくいっていないと思っている方や結婚したいけど、何をしたらいいのか?わからない方。

ご連絡ください。

 

動いてみなくてはもったいない!

動いてみなくてはチャンスを掴めるわけがない!

 

お待ちしています!

「渡辺佳代の結婚相談室」です。

 

 

40代の女性から出た言葉「このままでいいのかなあ~って不安になる」

 

昨日、たまたま知り合った40代の女性がいます。

それもふたり。

 

わたしの本業「結婚相談所」のことを話しの流れでたまたま伝えると

 

「わたしも30代で大手の相談所に入ったことあるんですよ~。

でも、出逢えなくて。。。でも、最近今後のことが考えると心配になるんです。」

 

「え~、渡辺さんの話を聞きた~い」と。

 

現代、女性も高学歴の方が多く、社会でしっかりとした立ち位置をもって

仕事をされていますよね。

それもハードに!

 

真面目で頑張り屋さんだと、アッという間に40才になってしまうこと

わかります。

 

友人も多いし、しっかり稼げているし、結構自由に楽しめるし、余計なこと背負いこむのもなあ~なんて、

「おひとりさま」を半ば楽しんでいる女性も多い。

その心理もしかり!

そして、40才になってしまったしな~

このままひとりでいいかな~  

でも、漠然と不安

 

こんな女性は結構います。

 

そのとき、わたしは「これから迎える50才は心身ともに結構大変なことを伝え、できれば、そして、望むなら、

しっかりした男性とふたりで歩む人生を薦めるよ」と言います。

 

30才40才の頃、そんな毎日がずっと続くような気がしてますよね。

わたしもそうだった。

若く見られるし、頑張ればこの若さもずっと続くような気もしてた。図々しく💦

 

でも、50才を迎えると急にいろんなことが変わり始めます。

なので、人生の先輩として、「ひとりではなく、お互いのことを思いやれる相手がいたほうがいいよ」と

熱意をもって言います。

 

独身がNGではないですよ。

自分が選んだことなら。

 

だけど、迷っていて、不安なら、チャンスがあるなら、やってみたらいいと思う。

 

実際、人生が1年で一変した💛なんて会員さんはいっぱいいるから。

 

わたしの会員さんは、やってみたことで今の幸せがあることを実感してますよ。

 

ひとりで悩んで、後ろ向きな選択をしないように。

怖いからって、今の生活をキープすることに逃げないでね。

 

ひとりだけで楽しむこともいいと思うけど、誰かと「おいしいねえ~とか、あの時楽しかったよね~、あの時本当に笑っちゃったよね~」

なんて言えることの幸せはまた格別だからね。

 

今はアプリがあって昔の結婚相談所とは、全然違います。

私は仕事としてやっていますが、全然知らない世界の人と安心して出逢えることに驚き、感動しています。

そして、わたしのようなお世話役までついているのです。

使わない手はないですのよ。

楽しいもの💛

 

結婚に年齢は関係ありません。

私の年齢になると、「恋人みたいなふたりだったり、友達みたい関係だったりします」

夫婦の形はそれぞれでいいのです。

 

迷われている方は、是非おしゃべりしましょう。

それが変化のまず一歩です。

ご連絡をお待ちしています。

 

みんな幸せになあれ💛

 

 

お見合いを組む時も、交際中の時も相談所間のやり取りは効果絶大です。

 

こんにちは!

 

*お見合いを組む!

*交際中からご成婚まで適切にフォローする!

 

そのために、今日も朝から仕事仲間の相談所さんと電話で話したり、メールでまず会員さんの状況や心情について伝えたりしていました。

 

開業5年目にもなりますと、仕事仲間もふえ、積極的にお見合いを組むために動いたりもします。

仲間の相談所さんに連絡をとって紹介をしたり。

 

ネットでさくさくの時代ですが、こんなふうに人が繋ぐ縁もまだまだあり、結構ビンゴだったりもします。おもしろいですよね!

 

また、出逢って交際になったからと言って気は抜けません。

「交際中」にも、カウンセラーの存在が大きな役割を果たします。

 

まず、仮交際から「真剣交際」に進む時も、交際相手をひとりの人に決める訳なので、ひとつの覚悟がいります。

 

ただ、真剣交際イコール結婚ではないので、そこまで構える必要はありませんよ。

これから結婚にむけて関係を深めていきましょうね!くらいの気持ちで大丈夫です。

 

そして、「真剣交際中」!

話さなくてはならないことをなかなか話せていないカップルもいます。

もちろんどんどん自分達で育めるカップルもいます。

 

ふたりでしっかり話をしていく間に、お互いの金銭感覚のことや親との関係とか

仕事のこと、優しさや気遣いもわかってきます。

 

この人やさしいなあ

この人、頭!いいなあ

せっかちだなあ

そんなこともできるんだあ

 

などなど。

 

成婚間近になると、やたら不安になる人もいます。特に女性!

そんな気持ちもしっかりわたしは受け止めます。

聞きます。

そして、みなさん自然に自分の速度で歩んでいかれます。

それで、いいのです。

 

ひとりで婚活するより、ずっと安心だし、楽しそうではないですか??

 

まだ、運命の人に出逢っていない方!渡辺佳代と話してみませんか?

お待ちしています。

 

みんな幸せになあれ💛

 

 

いい子ちゃん!いい子くん!気を付けてください。

 

「毒親!」なんて言葉が聞かれるようになりました。

最近本も出ています。

 

ここ数年「母娘の関係」も取りざたされるようにもなりました。

 

母娘については、昔からいろんな関係の形があったのですが、苦しい経験、辛い体験について口にすることはタブー視されてきた時代が長かったように感じます。

 

結婚相談所を始めてから母娘さんふたりで初回面談にいらっしゃる方はコンスタントにいます。

 

*母親が過干渉であることは、母娘のみならず父親も周知の事実。

この場合、娘も両親から愛されていることをいいことに、お母さんに対して「あなたがいけないんでしょ!」なんて、言えたりして。

母親は、自分の思い通りに育ってくれた娘が可愛く可愛くて仕方なく、べったりですが、娘を結婚させなくてはならないことは理性的にはわかっているので、娘の婚活を応援する形になっている。

→この場合は、娘さんと私がとにかく組んで娘さんの意識改革を進めていきます。

だって、とにかくお嬢さんが幸せになってくれればいいのです。

私が守らなくてはならないのは、目の前の会員さんなのですから。

 

*かいがいしく娘・息子の日常の世話をやいている母親。

小さい頃から親の言うことを素直に聞いて育った子は、知らず知らずのうちに親は自分の子供が思い通りになるものと思い、

また、そういう所謂いい子は親が喜んでくれることがうれしくてその期待に応え続けながら成人になります。

→親は子供の世話をし続けることで、自分の存在意義を見出したりするのかもしれませんが、子供の自立を阻害しています。

同居を続け50代になってしまうことは問題です。

親も年を取ってくるので、精神的にも金銭的にも依存関係が生まれてきます。

 

また、子供にとって一番よくないなあと感じるのは、年を取った親と暮らしていると、毎日目にするのは、年を取った人ですよね!

だから、自分が実年齢より老成してしまうことです。考え方・食べ物や洋服の好みまで影響を受けます。

自立して同世代と生活していれば、新しい情報も日々入ってきますし、

お互いに若いので、自分達で考えて日々のことを決めなくてはならず、

失敗もするかもしれませんが、日々新鮮ですよね。

 

私は24才で結婚しましたが、結婚してからは本当に、「本当の自分をのびのびと生きられているなあ」と感じます。

誰のせいでもなく、私の人生を!

 

所謂、いい子さん!

親は今さら変わることできません。

なので、あなたが親から離れてあげて幸せな姿を見せてあげてくださいね。

一時的に親は淋しくなると思いますが、親子はそれでいいのです。

 

私も親ですが、たいてい親は子供より先に死にます。

その時までに、子供がしっかりと自分の足で生活できるように、それも一緒に生きてくれる人がそばにいるように

してあげることが親の役目です。

 

そんなことも最近は感じています。

 

私の両親もそろそろ90才になります。

「老いとの戦い」が大変です。

そんな時、主人が精一杯わたしを支えてくれています。

結婚生活いろいろありますが、一緒に人生を歩んでくれる主人や子供たちがいてくれることの有難いこと。

これは、簡単に手に入れることのできない時間なのです。

 

30代40代50代60代70代!

まだ、そんな仲間がみつかっていない方!探しましょう。

もう遅いなんてことはありません。

私の実績からも自信を持って言わせていただきます。

 

みんなみんな幸せになあれ💛

 

今日の面談では特に母のような思いになりました。

 

こんにちは。

秋も深まってきましたね。

今日は午後3件の面談がありました。そのうち2件は30代前半の女性会員さん。

おふたりともそろそろ結婚本決まりかな?といった状況です。ひとりはお子さんありで結婚相手の方もお子さんがいる方です。

若いですがふたりとも初婚の方とは経験値が違います。私は会員のこともお相手のこともわかっているので会員はなんでも相談してくれます。

また、会員も言っていましたが「渡辺さんにしか相談できないんです。親に言っても心配をするだけなので。」と、なんともうれしい言葉をいただきました。

そこで、会員自身の気持ちや状況、心配事などをまず聞きました。

「何を心配しているの?」

「なんで そんな風に思ったの?思うの?」

思いや心配事は、その人の性格や過去の経験からくるものも多いので、ポイントを掘り下げることもあります。

お子さんがいる方は、結婚に対しても、生活感のあるお話をすることも多いです。

 

もうひとりの女性会員は、初婚の清楚な女性です。

活動は1年になります。真剣交際を申し込まれたことも過去に3回ありました。

でも、踏み切れず。💦

今、居心地のよい男性が現れ、ゆっくりと育まれています。

そんな時もその会員は有頂天にはならないタイプ!

そこで、どんな気持ちでいるのか?ぐちゃぐちゃでもいいからと聞いていき、少し少し解かしていきます。

時には「私があなたのお母さんだったらねえ~!なんて言うかしら?」なんてフレーズも出ます。

私は50歳を迎えたので、20代で結婚してそして今・・・という実際の生き様をたくさん友人や知り合いから見ています。

そして、私自身の経験も含めて。

結婚すること!に漠然と不安を抱いて前に進めない会員さんには、そんな経験談もよくお話します。

今現在が続くことなど何ひとつないこともないのですから。

 

今日のふたり、年内にはきっと幸せの形になると思います。

しっかりと母のように見守りながら進めていきます。

 

 

お相手探しって、実は自分探しなのではないかと思うことがよくあります。

 

この掲載している絵は、主人につき合って行った上野の西洋美術館で行われたいた松方コレクションに展示されていたものです。

しばし見惚れてしまいました。

 

さて、相談室のこと💛

入会間もない会員さんや交際順調な会員さんなどから活動報告やご相談を日々いただいています。

 

お相手に対面しているのは、会員さんご自身ですが、わたしに様子を伝えることで自分の気持ちの整理ができたり、わたしの感想やアドバイスを聞いて、考えてしまったり、あるいは、確信を得てますます元気になったりします。

 

場合によっては、わたしは動きますので、些細なことでもなんでも言ってね!と伝えています。

 

そんな気持ちのやり取りをしながら、

おやおや?なんでそんな風に考えてしまうの?

相手だけのことばかり見ていては進めないよね?

さて、自分!って、どうなんだろう。どんな人なんだろう?

わたしもこんなところあるよな!

だとすると、こんな人と過ごすことがいいんだなあ~収まるなあ~なんて。

 

わたしの会員さんは誠実な方が多く、結婚へ向けて真剣に過ごされています。

それ故、相手への不満になってしまうことあるようです。

そんな話を聞いていると、その会員さんの親子関係や育ちの中での出来事が影響しているなと感じることがあります。

 

そこを汲み取りながら、いい方向へ進んでほしいと並走しています。

決めるのは、どんなときも自分自身ですから。

 

気持ちを決めていくための考え方!

 

春頃お見合いをした女性会員さんに

 

「今日は、お見合いお疲れ様!どうだった?」とわたし。

「う~ん、ふ・つ・う??」と、はにかみながら会員さんは応えてくれました。

 

私からすると、その女性こそ、良識のある、大切に育てられたいわゆるいい意味での普通の女性!

これはいいご縁なのではないかと、すぐ再度のプロフィールチェックをしました。

 

「うんうん。いい感じ!」と私が感じたので、

「もう一度お会いしてみたら?」とお薦めしている間にお相手男性から

「交際を希望します」と連絡がありました。

 

気立てのよい可憐な女性、39歳。

 

あまり男性との交際経験はないのですが、素直で真面目な人柄で、私にもご自分の気持ちを交えながらいろんなことを相談してくれます。

少し不安なときも連絡をくれるので、そんなとき

「結婚生活ってね!・・・」

「男性ってね!・・・・」

お相手男性のカウンセラーさんとも連絡を取り合っていますので、

「カウンセラーさんからこんなお話を聞いたはよ」

などなど、安心材料をそろえていけるようアドバイスをしていきます。

 

お蔭で女性とわたしの二人三脚は、息ぴったりです。

結婚へ向けて順調に進んでいます。

私はそばにいます💛

 

佳代さん、プロポーズされました

 

出逢ってからは、お二人ともうれしい運命の糸を実感する毎日のようでした。

 

初めてのデートからグッと距離は近くなっていたようで、あれよあれよとお話は進みました。

 

そして、「今日やっとプロポーズしてくれました💛」と会員さんからのうれしい電話。

 

やったー!

 

そして、彼は知ってか知らずか?今日はとても

佳き日和です(o^―^o)ニコ

 

 

結婚することをはじめから確信しているようなふたりでしたが、現実になるまでは不安なときもあったようです。

 

本当にお似合いのふたり!

 

そんなおふたりのサポートができたこと、そんな瞬間に立ち会えたことがわたしは本当にうれしいです。

そんな幸せな結婚のお手伝いをもっともっとしたいな!と思わせてくれるおふたりです。

 

幸せになあれ💛

 

Top